本業と副業でダブルワーク

短期で稼ぐなら安心のアルバイト

副業にはガテン系からネット系まで幅広い種類がありますが、短期間で稼ぐならアルバイトがベターです。例えば、学生時代に引越のアルバイトをしている人がいます。社会人になっても人手が足りないときには声をかけてもらうようにしているので、繁忙期になると頻繁にアルバイトをしています。

オフィス移転の際の引越し作業の仕事もしているので、オールシーズンいつでも仕事があるらしく、引越しシーズンとは外れていてもそれなりにアルバイトの誘いを受けます。

引越しの仕事は慣れてしまえば、体力を消耗しないで荷物を運ぶスキルも付いてくるので大丈夫ですが、慣れるまでは相当疲れるバイトです。そのため、学生時代などに引越し作業のアルバイトをした経験の無ない人がいきなり社会人になってからスポット的にアルバイトをやるというのは初めはかなり大変だと思います。

でも、いわゆるガテン系のアルバイトなので時給は良いですし、移動時間に対しても時給は発生するので、短期で稼ぐにはかなり割が良いほうです。

副業にも本業と同様に慣れや経験でその仕事の楽しさが変化します。学生時代に経験した仕事であれば、失敗することもなくダブルワークを気軽に始めることができます。

怪しい副業には手を出さない

せっかくの副業なので新しい仕事に挑戦する人もいます。それは素晴らしいことですし、副業のメリットの1つですが、事前調査はシッカリ行いたいです。

例えば、自宅でできるチャットレディという仕事があります。ネットごしに男性と会話をするバイトです。チャットをした時間分だけ完全歩合で給与が発生しますので、時給という概念はないですが、利用者がサイトに支払った金額の50~90%程度がこちらの取り分になるので、話せば話すほど稼ぐことができます。取り分の割合についてはサイト毎に異なりますので、確認が必須です。

このような興味はあるけど、怪しいので始めにくい場合は「自分に合っているか」「どのような仕事内容か」や「どのようにすれば稼げるか」を他人の体験談を交えながら確認していきます。

このチャットレディで稼ぐポイントとしてはプロフィール欄をなるべく詳しく記入しておくことです。基本的に利用者はそのプロフィールに書かれた内容を見て話したいかどうかを決めますので、なるべく興味をそそる内容にしておくことがポイントです。

必ずしも本当の自分のプロフィールである必要は無いですが、あまりにも嘘ばかりだと会話をしている最中にすぐバレますので、程々にしておくのがいいでしょう。

あと、Webカメラで自分を写しながらの会話になりますが、顔を見せるかどうかはこちら側の判断で決めます。自信があれば顔を見せても良いでしょうが、あまりおすすめはしません。確かに集客効果は高くはなりますが、後々面倒なことになりかねないので、基本的に顔は見せないほうが良いでしょう。

会話の内容は人によりますが、大抵は恋愛相談だったり、愚痴だったり、他愛もない会話だけだったりします。私もそれほど話し上手な方ではないですが、それでも続くときは30分以上会話が続いたりもしますので、あまり気張らなくても大丈夫です。

このようにできるだけ調査をすれば、怪しい副業が「本当に挑戦したい仕事」か「あまり気乗りしない仕事」に分別することができます。

会社員と主婦に人気のダブルワーク

自宅で好きな時間にできるネット副業として、アンケートでも人気No.1になったのがFX(外国為替証拠金取引)です。2004年から注目され続け、2011~2012年に投資でも株取引を抜いて口座数が第1位になりました。副業するサラリーマンや主婦もやっている人が多いです。

2008~2010年に円高傾向になり、2011年には何度も円が対ドルで過去最高額を更新しましたが、これは対ドルに限ったトレンドではなく、ユーロを含めた世界の主要な通貨に対して円が非常に強くなった結果です。このように何度も値が激しく動く状況は、FXをやる人にとっては「大きく稼ぎやすい状態」と言えるかもしれません。

どの通貨に対しても円絡みであれば、上げと下げトレンドが頻繁に発生しやすく、本来であればFXにはあまり向いていない短期的な投資がやりやすい状態になっています。

少し前まではスワップ金利狙いを中心に高金利通貨でFXをやっている人が多かったのですが、今では資産の半分以上を短期的な米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円の通貨ペアに投資している人が増えています。

荒い値動きなのでいつも板の動きは見るようにしていますが、多少の予測違いがあっても度々変化するトレンドですので、利益を生みやすい状態にあります。その際はレバレッジを低めにしてロスカットにかからないようにさえ気を付けることで、多額の損失を防ぐこともできます。

今後も日本は少子高齢化で財政が厳しく、米国は景気が不安定で波に乗れず、ユーロは債務問題が片付いていません。この3つがブレると全ての通貨ペアが動きます。

収束の動きを見られない可能性が高く、短期トレードが適した環境になっています。仮に世界経済が落ち着いてきたら、通貨ペアを豪ドル/円のような高金利通貨に変えて、スワップ金利を貰うように長期トレードに変えることもできます。